畳のキャンペーン
岡田畳本店について

川越の畳店、岡田畳本店のご案内

 

岡田畳本店

 

 岡田畳本店のマークは一畳台目(だいめ)をモチーフにしています。一畳台目は、畳一枚と4分の3の台目畳の組み合わせという茶室として最小の空間であり、転じて畳が生み出す空間の可能性を最も象徴したものといえます。
 そして客を迎える場の中心には、仕事の心意気として赤の色を加えました。

 私どもは、『人』を育てることに力を入れています。現地各地に点在する工事所スタッフのほとんどは、岡田畳本店で育ち、技術力・考え方を同じくする、太い絆で結ばれた組織となりました。今後もさらに充実したネットワーク作りを進めお客様のニーズにお応えしてまいります。

代表取締役  岡田暁夫

岡田畳本店集合写真

「茶道教室先生を囲んで」

岡田畳本店 会社概要

社 名 株式会社 岡田本店
創 業 明治16年
創 立 昭和53年
資本金 1000万円
代表者 代表取締役  岡田暁夫
事業内容 畳の製造、販売、施工
畳および関連製品の企画、コンサルティング、取り扱い
住所 本社:
埼玉県川越市三光町3-2
本社地図
電話 049(222)2141
FAX 049(224)7192
E-mail mail@tatami-kawagoe.jp
工場・工事所 本社工場(川越市三光町)
的場工場(川越市的場)

岡田畳本店 沿革

明治16年  初代岡田馬之助により川越市六軒町にて畳業を始める。
大正12年 二代目岡田酉蔵、畳製畳機械を導入。
昭和32年 三代目岡田光雄、畳縫着機を導入し機械化を進める。
昭和42年 防虫処理のため、マイクロ高周波を導入。
昭和49年 現在の川越市三光町へ本社・工場移転。
昭和53年 株式会社岡田本店設立。
岡田光雄、代表取締役に就任。
昭和60年 化学床製畳機を導入
川越市的場に工場設立。
平成10年 四代目岡田暁夫、代表取締役就任。
平成11年 新社屋完成。
平成12年 本社2階にショールームをオープン

畳商品開発

平成11年  炭を活用した壮健活畳を開発(実用新案登録第3055211号) 壮健活畳
平成14年~17年  無着色染土の採用(備後深染土) 備後染土
平成15年

オーガニックコットンを柿渋で染めたオリジナル畳縁の商品化(建築家との共同開発)

オーガニックコットン畳縁
平成16年 

無農薬藁床・オーガニック畳「青空」の商品化(建築家と共同開発)
(実用新案登録第3115834号)

オーガニック畳「青空」
平成23年 通気機能を持った「おひるね畳」を開発。同時に特許出願をする。 オーガニック畳「青空」
平成28年 6月24日、おひるね畳が「通気性置き畳」として特許を取得「特許第5954709号」。